【NFTとは】めちゃくちゃざっくり解説してみる

IT

NFTが流行ってますね。
小学生がドット画を出品して高額取引されたとか。

ざっくりと、どういうことなのか解説します。
NFTがどういった性質のモノなのか理解し、イメージできるようになります。
※技術的なことは解説しません

NFTとは?

  • 非代替性トークン」(non-fungible token)の略。
  • 唯一無二であることを表してくれます。

NFTはどう使われる?

  • アートや動画、SNSの投稿などに、NTFを付けることができる。

デジタルアート等にNFTを付けると売買できる

  • NFTを付けることで、価値が生まれる
    :今までは、デジタルアート等は簡単にコピーできてしまう為、価値が生まれなかった。
    =所有するという概念がなかった。
    NFTを付けることで、デジタルなモノを所有することができる。
    =価値が生まれる!
  • NFTが付いたデジタルアートを「CryptoArt」と呼ばれる。
今まで価値を付けられなかったデジタルなモノに、価値を付けることができる
ということ。
これはすごい革新的なことですよね。

小学生のドット画は、なぜ高額取引された?

理由は「有名人が買って話題になったから」。
めちゃくちゃラッキーなので、素人が適当に描いた絵が売れると思わない方が良いかもです。

NFTバブルの今、話題性があればかなり高額取引されます。
セレブやインスタグラマーなどの話題の人がプロデュースすれば、高額で売れると思います。
(金持ちこそ儲けられる仕組みですね、、)

NFTのこれから

現在は日本ではそこまでの盛り上がりはないですが、これから盛り上がっていくと考えられます。

芸能人がプロデュースしだすような気がします。
関口メンディーさんもNFTに興味示してるとか。

NFTアートの購入は仮想通貨でしか買えないので、仮想通貨も盛り上がりそうな。。

Writer
Sumigon

大手企業にてOLやってます。
海外20か国以上に滞在経験あり。
IT情報やキャンプ情報を発信。

好きな映画:Into The Wild
好きな音楽:にしな

Sumigonをフォローする
IT
スポンサーリンク
SUMIGON BLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました